ラインナップ

USBメモリって何?

USBメモリはフロッピーディスクのかわりです。

USBメモリは、フロッピーディスクのかわりとして、パソコンのデータを保存する記憶媒体です。パソコンのUSBポートに差し込むだけで簡単にほぼどのパソコンでもお使いいただけます。

持ち運びも簡単で安心です。

コンパクトなのでデータを持ち運ぶ際にはとても便利です。衝撃に強く、ポケットにいれても安心です。
首かけのストラップをつけることもできます。
(ストラップは別売りになります。)

フロッピーとの違い

データの記憶容量がフロッピーディスクに比べてとても大きいです。フロッピーディスクの数十倍〜数百倍のデータがUSBメモリに保存できます。
フロッピーディスクドライブが装備されていないノートパソコンでもUSBポートは付属しているので、USBメモリをお使いいただけます。
データの転送速度は、フロッピーより数百倍は速く、データコピーは瞬く間に完了します。

どうやって使うの?

USBポートに差し込むだけで簡単にお使いいただけます。Windows、Macなどの通常のパソコンでは、ドライバのインストールはすべて自動的に行われますので、パソコン初心者でも誰でもお使いいただけます。
(Windows98の古いパソコンでは、ドライバのインストールが必要になります)

USBメモリは、USBポートに差し込んで使うフラッシュメモリを利用した移動型ストレージデバイスのことをいいます。様々な容量の製品が販売中で、その中から4〜32GB(ギガバイト)の容量の製品が一般的です。USBフラッシュドライブやUSBディスクなどと呼ばれることもあります。

100円ライター程度のサイズで持ち運びもとても簡単です。また、大容量のファイルを持ち運ぶときやファイルを移動するときに大変便利で、安全のためのパスワード装置もあり、資料を安全に保管することができます。インターネットバンキングのユーザーが企業やPCルームで取引する際に必要な公認認証書を安全に使うことができ、情報の外部流出のリスクを減らすことができます。ただし公認認証書は、フォルダのみをコピーすると、すぐに証明書を使用することができますので、細心の注意が要求されます。



(c) Copyright Space International Inc 2001-2018 All Rights Reserved. | サイトのご利用について